業務効率はこれで上がる!|作業灯の検討もマスト

男性

該当する機器

ヘルメット

フロンガスを充填している製品は徐々になくなってきています。しかし、フロン類に関しては未だに多くの製品が使われている状況なので、そういった製品を使っている企業であれば法定点検を受ける必要性が生まれるのです。第一種特定製品にあたる製品を利用していないかチェックし、環境の保全に努めるのが企業の社会的役割になってきます。その製品例としては業務用エアコンや冷蔵機能がある機器ですので、飲食店なら必ず該当してくるといえるでしょう。加えて、今はどこでも冷房機器は使わないところはないので、業務用エアコンの所有に該当する企業は多いでしょう。第一種特定製品はそこら中にあるので、該当する製品はないと安心してはいけません。

フロン類を充填した第一種特定製品を所有しているからといって、それが全て処分対象になるわけではありません。業者に頼んで点検さえしていれば、そのまま使用していいのです。スーパー全体を例にとれば、第一種特定製品を利用している箇所はたくさんあります。施設全体には必ず業務用エアコンが設置されていますし、自動販売機もこれに該当します。水が飲める冷水機はトイレの近くに必ずあり、利便性があります。冷却機能がある製品で、業務用なら第一種特定製品だと認識した方がいいでしょう。ショーケースに関しても、冷やすためのものとそうでないものが分かれていますので、これも確認すべきです。こういった商業施設だけでなく、研究施設においても冷却のパワーが強い機器は存在し、第一種特定製品となっています。