選別する

ガレキの山

ガレキ選別といっても様々な種類のガレキがあるので、その種類に合わせて適切な方法を選択することが重要なのです。そのためにもどこで何を処理すべきか基礎的な知識を身につけましょう。

Read more...

しっかりと処理する

作業員

ガレキなどは一般の方が選別して撤去となるととても大変なだけではなく、廃棄物処理行為に当たるので、許可を貰っている業者にしかできない決まりになっているので、ガレキ選別などは業者に委託しましょう。

Read more...

廃棄する前

パソコン廃棄をする前に知っておきたい事

不要になったパソコン

パソコン廃棄をする前に知っておきたい事はリサイクルに出す際にどこに出すかということです。 パソコンのメーカーでリサイクルしてもらう分には問題はありませんが、廃棄物処理の業者に出す場合には信頼できるかどうか、廃棄物処分の許可を持っているかどうかを必ず確認したいものです。 中には許可もなく無料で引き取っている業者もあり、パソコン廃棄にお金がかからない事に対してラッキーだとか少しでもお金をかけずに処分したいとそういった業者に引き取ってもらうと不法投棄されたり、引き取ったパソコンの一部を取り出して販売されたりすることで消去しきれていなかった個人情報が漏れ大変な事に巻き込まれてしまう場合もあります。 ですから、処分する際はキチンと適正な方法で廃棄しましょう。

情報漏洩を防ぐための工夫

パソコン廃棄で一番 気をつけなければらないのは情報漏洩です。 では、情報漏洩を防ぐにはどうしたら良いのでしょうか。 それは、まず廃棄物処分をしてくれる業者をどこにするか考えなければなりません。 一番確実なのは製造したメーカーに連絡をしてリサイクルしてもらうという方法なのですが、これはメーカーが最後まで責任を持って処分しますよという義務と目的があるので、キチンと責任を持って廃棄をしてくれますが、業者にパソコン廃棄を依頼した場合はどのように処分をするのかハッキリと明記されていたり確実にデータを消去してくれる業者を選ぶのが情報漏洩を防ぐための工夫になります。 それでなければハードディスクを破壊するかデータ消去用のソフトを使う方法もありますので、危険なことにならないようにまずはハードディスクの処理を確実にできる方法を考えてください。

企業が負う責任

ふたばを持つ指先

廃棄物が出てしまったとすれば、それは次に活かすことのできる資源であると考えるべきです。資源によっては使えないものもありますが、その時は正しく廃棄物処理をするのが企業の責任です。

Read more...