業務効率はこれで上がる!|作業灯の検討もマスト

男性と女性

電池や管球

集合住宅

どこでも電気が供給されている世の中ですが、それにも限界があります。電源がないところではどんな強力な電灯があっても使うことができません。しかし、電池やバッテリーが発明されているので、この問題もある程度は解決できています。作業灯は作業をする際に現場を照らすのに適した電灯ですが、これにもバッテリーが搭載されているものもあるのでとても便利です。しかし、作業灯のような光源が強い電灯なら電力もそれなりに食うので、やはり長時間使う際はコードと自家発電機を両方使って電源を確保した方が良いでしょう。手持ち作業灯にはたいていリチウムイオンバッテリーが使われているので3時間は連続使用が可能です。電源につなぎながら充電したとしても威力が落ちることがないものを選ぶとより良いでしょう。

作業灯には電源だけでも色んな種類があるので、いろいろと調べてみると良いです。現場によっては明るすぎると逆に手元が照らされ過ぎて作業の様子がわかりにくくなってしまうものもあるため、検討は必要です。明るさの目安は全光束で比べることが可能です。中心照度と周辺の照度が異なるものもあるため、明るさだけでなく明るさの種類まで気にすると良いでしょう。加えて、交換する管球がどこで手に入るかも重要な情報です。業者によっては通販も受け付けているところもあるので、それを利用することもできますが、できるだけホームセンターや業務用機器販売の店で簡単に手に入れられた方が良いです。このように作業や業務に必要なものは細々としたことまで検討することが大事なのです。

機能性とスタイル

治療室

現代建築ではモダンな設計が今流行りですが、これはクリニックでもいえることです。病院などの医療施設では患者が不安にもなりやすいところなので、そういった不安を払拭するためのデザインが必要になります。

もっと読む

該当する機器

ヘルメット

業務で使う冷却のための装置にはパワーが強いものが作られています。そのため、フロン類が充填されているものが多いです。こういった製品を使う企業なら、第一種特定製品とは何かを把握すべきです。

もっと読む

電力会社は選べる

懐中電灯

利用料の競争が起きるのは、新規参入の企業が加入するときです。電力に関しても今はそういった状況が起きているので、PPSを比べてみてどれが良いのかをしっかり把握しましょう。

もっと読む